Related posts

twitter blogfacebook blogwhatsapp bloglinkedin blogreddit blogtelegram blog

WindowsとMac間でプラグアンドプレイの相互運用性を実現

 

ヘルシンキ(フィンランド)、金沢(日本) – 2014年10月28日 –相互運用性の高いファイル·システム·ソリューションの市場リーダーであるTuxera Inc.は、アイ・オー・データ機器が最新のスタイリッシュなポータブルハードドライブにTuxeraのMac 版NTFSドライバーをバンドルしたと発表した。

 

Mac OS Xには、Microsoft WindowsのNTFSフォーマット済みボリュームに対して、読み取り専用の機能制限があるが、 TuxeraのMac版 NTFSドライバーを導入することで、WindowsとMac OS Xのプラットフォーム間で、需要の高い読み書きのフル相互運用性が可能となる。またTuxera独自のアドバンス機能により、ファイル転送スピードの高速化や、スマートキャッシュ層との完全なデータ整合性を実現している。同ソフトウェアは最新版を含む全てのMac OS Xバージョンをサポートしており、Apple社の技術と同期すべく継続的に改善されている。

 

アイ・オー・データ機器の事業戦略部 商品企画3課 課長 寺前浩一氏は「当社では、使い勝手の良い、高品質、高信頼性の製品をあらゆるニーズのお客様に提供することに焦点を当てている。Tuxera社のMac版NTFSドライバーにより、PCとMac機器間ですべてのデータを誰でも簡単にアクセス、スワップ、編集、格納できるようになる。Tuxera社のソリューションは当社の製品戦略に完全にフィットしており、ユーザ個々のご要望に沿える製品である。」と語った。

 

アイ・オー・データ機器は、その優れた品質と環境に配慮したデザインで知られている日本でトップクラスの周辺機器の総合メーカーである。ユーザの利便性を常に念頭に置き、技術革新、シームレスなパフォーマンスと使いやすさに焦点を当て、すでに3000以上の幅広い製品ラインナップを取り揃えている。

 

「当社のエンジニアリングチームは、今後もアイ・オー・データ機器とのプロジェクトにおいて、ユーザのデジタル体験向上のために積極的に貢献していく。」と、Tuxeraのソフトウェアソリューションのディレクターである久保田香苗氏は述べ、次のように続けた。「当社の技術力や専門性、そして市場における豊富な経験は、今後もパートナービジネスに確実に貢献していけるものであると確信している。」

 

Tuxeraはファイルシステムやメディアストリーミングの開発技術で培った貴重なノウハウや、オープンソースのコントリビュータとしての実績、そしてAndroid、Mac OS X、Linuxのソフトウェア開発においての長年の開発経験生かし、非常に複雑なファイルシステムの相互運用性に関する課題に取り組んでいる。

 

アイ・オー・データ機器について

アイ・オー・データ機器は、世界の消費者とOEM市場向けの高品質なコンピュータ周辺機器およびインタフェース製品のトップクラスのメーカーかつプロバイダーである。細野昭雄氏により1976年に設立され、日本のPC周辺機器業界で誰もが認めるマーケットリーダーとして周知されている。機器の製造のみならず、製品設計、開発、生産までを一貫して行っている。株式会社アイ・オー・データ機器の詳細についてはwww.iodata.jpを参照。

 

Tuxeraについて:

Tuxeraは、音楽、写真、ビデオ、およびその他のコンテンツを、モバイル、タブレット、ホームエンターテイメントシステム、コンシューマー、産業用などあらゆる電子機器で利用可能なファイルシステムを提供する大手プロバイダーである。Tuxeraの業界標準ファイルシステムソリューションは、AndroidやLinux、Mac OS Xをはじめとする如何なるプラットフォームにも搭載されており、すでに膨大な数の導入事例がある。業界大手企業との緊密な協力関係により、信頼性の高い互換性を確保し、高水準のパフォーマンス、組込みおよびモバイルソリューション向けの低電力使用量を実現している。詳細についてはwww.tuxera.comを参照。

Karolina Mosiadz